不動産

夢のマイホームー国分建設で見学がてら注文住宅の相談ー

こだわりの家への人気

都市部の不動産の傾向

不動産

不動産に関わる状況はここ数年で激変しました。少子高齢化で日本全体の人口も減っていて、過疎の地域の拡大と都市への流入の傾向があります。田舎の古い家は受け継ぐ人が居なくなり、どんどん売却されて土地が空き、新しい建物が建つようになっています。大阪のような都市部では、人口も元々多く入れ替わりも激しいため、時代が変わっても人口は減らない傾向にあります。昔から住んでいた世帯は代々土地を受け継ぐ傾向にあり、現在の日本では土地は受け継いでも家は建て直すという特徴が強くあります。古い家にそのまま住むより希望を充分取り入れた注文住宅を建てたいと言う要望が多くなります。代々受け継ぐ世帯は、土地が安い分、家にかけられる金額が高くなると言う理由もあります。大阪の注文住宅は今後、代々土地を持っている世帯には人気が下がらないと予測されます。

都市に家を建てること

リタイヤして田舎に移住したり、子育て世代が自然豊かな島に移住するなど、最近は様々な暮らし方がメディアに取り上げられています。しかし、大多数の人の都市への人気は絶えなく、まだまだ都市部に住みたいと言う人気は強いため、大阪では多くの新しい住宅やマンションが立ち並びます。人口の多い大阪では、他人と違う生き方をしたいというニーズも高く、マンションや建売り住宅よりは、こだわった注文住宅を建てたい人が多いという傾向もあります。都市部では狭い土地で回りが建て込んでいる、日当りが良くない、視線が気になるなど土地に関するデメリットも多く、それを解消させるデザインや設計が可能な注文住宅の人気が強くなるという理由もあります。